滋賀の弁護士の交通事故無料相談|草津駅前法律事務所|弁護士による無料相談、示談交渉、訴訟等

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)
休業日:土曜・日曜・祝日

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

現在業務が非常に立て込んでおり、新規の法律相談ご予約を当面の間停止しております。ご了承ください。

既に定年退職している場合でも、逸失利益は認められますか?

認められる場合があります

まず、死亡事故のケースですが、既に定年退職をしている方であっても、年金を受給している場合、事故が無ければ年金を受け取ることができたわけですから、その分の逸失利益が発生するというのが通例です。この場合、平均余命に応じた年金分を請求することができます。

ただし、全額ではなく、生活費に消えていたであろう割合を差し引いて請求することになります。裁判例では、年金部分については、50~60%程度が生活費として消えていたという計算式で認めるケースが多いです。

また、退職後も収入があったり、主婦業として家族を支える立場にあった場合、それらについても逸失利益として算定されることもあります。

 

後遺障害の事案では、年金はもらえるので、年金が逸失利益になることはないですが、後遺障害によって収入が減ったり、主婦業ができなくなった場合には、それらについて逸失利益として算定できることがあります。なお、高齢者の場合、いつまで働けたかという労働能力喪失期間をどう考えるかが問題となりますが、裁判例では、(平均余命÷2)の年数を労働能力喪失期間の目安とすることが多いようです。(なお、高齢者ではない一般の方の場合、労働能力喪失期間は、67歳までとするのが多いです)

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00)

滋賀の弁護士の交通事故無料相談/草津駅前法律事務所

ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の方の、交通事故被害者の相談ならお任せください。