滋賀の弁護士の交通事故無料相談|草津駅前法律事務所|弁護士による無料相談、示談交渉、訴訟等

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)
休業日:土曜・日曜・祝日

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

現在業務が非常に立て込んでおり、新規の法律相談ご予約を当面の間停止しております。ご了承ください。

専業主婦でも休業損害を請求できますか?

家事労働に支障があれば、休業損害が認められます

休業損害とは、事故の受傷による現実の収入減のことを言います。勤労者の場合、事故前の収入をベースに、仕事を休んだ期間の休業損害を請求できます。ただし、症状固定後にも後遺症が残って休んだ場合には、原則として、『逸失利益』という損害の費目になります。

では、専業主婦の場合でも、休業損害は認められるのでしょうか?
専業主婦でも、受傷のため家事労働に従事できなかった期間については、休業損害が認められます。入院などで完全に家事ができなければ100%、腰の痛みなどで少ししか家事ができないような場合には、たとえば30%など、割合に応じて認められます。その場合、原則として、女性労働者の平均賃金をベースに計算します。裁判の基準では、賃金センサスを基にすることが多く、平成17年版なら、1日あたり約9400円になります。

120109 主婦の休業損害.jpg
ところが、保険会社は、「うちの基準では専業主婦の方は1日あたり6500円になります」などと言ってくることがよくあります。しかし、それはあくまで保険会社内部の基準だったり、自賠責保険の際の基準だったりするので、それ以上請求できないわけではありません。
ですので、主婦の方の休業損害についても、保険会社の提示を鵜呑みにせず、弁護士に相談をした方がよいでしょう。

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00)

滋賀の弁護士の交通事故無料相談/草津駅前法律事務所

ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の方の、交通事故被害者の相談ならお任せください。