滋賀の弁護士の交通事故無料相談|草津駅前法律事務所|弁護士による無料相談、示談交渉、訴訟等

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)
休業日:土曜・日曜・祝日

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

現在業務が非常に立て込んでおり、新規の法律相談ご予約を当面の間停止しております。ご了承ください。

ドライブレコーダーの証拠価値

ドライブレコーダーは裁判の証拠として使えますか?

事実関係や過失割合に関しては重要な証拠となりえます。

   最近は、ドライブレコーダーを搭載している車が増えてきています。また、交通事故に遭ったときのために、ドライブレコーダーを買おうかどうか悩んでいる方も少なくないでしょう。

   では、ドラブレコーダーがあれば、裁判で有力な証拠として利用できるのでしょうか?

 

   結論から言えば、ドライブレコーダーの画像は、裁判でも有力な証拠になりえます。

   そもそも、弁護士の感覚で言えば、ドライブレコーダーで事故の状況が記録をされていれば、そもそも事実関係(ex.信号の色など)や過失割合について争いとなってもめること自体が少なく、裁判にならずに解決する可能性が高まります

   したがって、ドライブレコーダーが、交通事故時に非常に頼もしい味方になってくれる一面があることは事実です。

 

   ただし、側面からの衝突や、後方からの衝突などで、ドライブレコーダーに全てが映っているわけではなく、結局ドライブレコーダーがあっても事実関係に争いが残るケースもあります。

 

   実際に、ドライブレコーダーの画像を裁判で証拠に出す場合には、動画データをCDなどに落として提出すると同時に、重要な部分を写真として印刷して、それらを報告書にまとめて弁護士が裁判所に提出することが多いです。

   したがって、裁判の場合のことを考えると、SDカードなど、画像をPCなどに取り込みやすい媒体が利用できる機種のドライブレコーダーの方が望ましいといえるでしょう。

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00)

滋賀の弁護士の交通事故無料相談/草津駅前法律事務所

ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の方の、交通事故被害者の相談ならお任せください。