滋賀の弁護士の交通事故無料相談|草津駅前法律事務所|弁護士による無料相談、示談交渉、訴訟等

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終電話受付午後7:00)
休業日:土曜・日曜・祝日

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

現在業務が非常に立て込んでおり、新規の法律相談ご予約を当面の間停止しております。ご了承ください。

違法な収入を得ていた場合、休業損害は請求できませんか?

違法な収入であっても、休業損害は認められる可能性があります。

   たとえばソープランド嬢であったり、免許が必要な事業なのに無免許で行っていたりした人が、交通事故に遭った場合、違法な収入に関して休業損害は請求できるのでしょうか?

 

   裁判例では、違法な収入であっても、そのことから直ちに休業損害が認められないわけではないとされています(最高裁昭和39年10月29日判決)。ただし、違法な収入については、今後も継続的に得ることができるのかどうか不確実な点などがあることから、実際の収入分全額が休業損害として認められるとは限りません。

 

   また、違法な収入の場合、そもそも所得として申告されておらず、源泉徴収票や給料明細が存在しないケースが多くあります。そのような場合、そもそも収入を立証することが困難なこともあるでしょう。

   そのようなときには、通帳の入金履歴等から収入を推計したり、賃金センサスの平均賃金で収入を算出することもありえます。

 

   全て現金手渡しで、全く証明ができないような場合にも、最終的には賃金センサスを参考に、休業損害の金額を決めることになるでしょう。しかし、違法な収入である上、立証も十分とは言えないため、金額的には賃金センサスよりも低くなる可能性はあると言えます。

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00)

滋賀の弁護士の交通事故無料相談/草津駅前法律事務所

ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の方の、交通事故被害者の相談ならお任せください。