滋賀の弁護士の交通事故無料相談|草津駅前法律事務所|弁護士による無料相談、示談交渉、訴訟等

滋賀県草津市西大路町4-32 エストピアプラザ1階

午前9:30~午後8:00(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)
休業日:土曜・日曜・祝日

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

相談予約受付ダイヤル

077-565-8955

休業損害の打ち切り

保険会社が休業損害の打ち切りを言ってきた場合、どうすればよいですか?

医師に就労不能の診断書を書いてもらい、保険会社と協議してみましょう。

   交通事故で受傷し、会社を休み、加害者の保険会社から休業損害が支払われていたのに、時間がたつと「来月からは休業損害は支払えません」と一方的に言われることがあります。

   そのような場合、被害者としてはどのような対応をすべきでしょうか?

 

   まずは、医師に相談し、可能であれば「安静が必要」という診断書や、「就労はまだ困難である」というような記載がなされた診断書を書いてもらいましょう。その上で、診断書のコピーを保険会社に送り、その後担当者に電話をして、「医師がまだ就労は無理だと言っています」と伝えて交渉をしてみましょう。

   また、保険会社側は、被害者の仕事の具体的内容まで把握していないことがほとんどです。事務系の会社員でも、重い資材を運ばなければならない業務とか、頻繁に階段を上り下りしなければならない仕事だということもあるでしょう。そのような時には、保険会社に具体的な業務内容を伝えてみましょう。また、医師にも、そのような具体的な業務内容を伝えた方が、より就労困難な診断書を書いてもらいやすくなる可能性があります。

 

   それでも保険会社が休業損害を打ち切った場合には、治療が終了した段階(症状固定時)で、示談の話をする際に、もう一度休業損害の交渉をするチャンスがあります。

 

   示談交渉でも休業損害を保険会社が認めない場合には、法的手続(民事訴訟等)で決着をつける必要があります

   ただし、法的には、被害者にも損害額があまり拡大しないようにすべき義務があると考えられており、働こうと思えば働けるのに休業したようなケースでは、休業損害が認められない可能性が高いです。立証のためには、やはり医師の診断書が重要になると考えた方がよいでしょう。特に、実務上、頚椎捻挫(むち打ち症)や腰椎捻挫では、休業損害が認められないケースも多いので、留意が必要です。

お気軽にご連絡ください

お電話でのお申込みはこちら

077-565-8955

営業時間:午前9:30~午後8:00
(最終受付午後7:00。木曜のみ午後6:00まで)

滋賀の弁護士の交通事故無料相談/草津駅前法律事務所

ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

077-565-8955

インターネット予約は24時間受け付けております。

ごあいさつ

弁護士 中井陽一

(滋賀弁護士会所属)

滋賀県在住の方の、交通事故被害者の相談ならお任せください。